痛くなった膝を治療する

階段を上る人

膝が痛くなる原因を知る

階段を上り下りしたり、歩いたり走ったりすると膝の痛みを感じる人は、どのような原因によって痛くなっているかを知り正しく治療する事が大切です。膝には骨と骨が直接当たらないように、関節軟骨がありすり減っていく事で関節の周囲の神経が痛みます。病気による原因やスポーツによる原因、生活習慣や加齢による原因など様々あります。高齢になり膝が痛くなる病気として、変形性膝関節症があり軟骨がすり減る事で痛みを感じます。下半身の強化をする事によって膝の痛みを緩和させる事ができますが、過度の運動や筋肉疲労によって膝の痛みを感じる事があります。生活習慣の中で足にかかる負担が多く、体重の増加によって膝の痛みに繋がる事もあるので注意が必要です。

膝が痛くなった時の治療法

膝の痛みを治療する為には、専門の医療機関で正しく治療する事が大切です。患部を切開して行う外科的手術や、リハビリや投薬によって痛みを和らげていく保存的療法があります。保存的療法では、痛みを和らげるために薬物を服用しますが、炎症を鎮める為の鎮痛剤として副作用の少ない非ステロイド型の薬を使用します。膝の痛みを和らげるサプリメントとして、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンやヒアルロン酸が効果的だとされています。グルコサミンやコンドロイチンは痛みの元となっている関節組織の炎症を抑えます。コラーゲンやヒアルロン酸は軟骨に含まれる成分であり、サプリメントによって摂取する事で、体の持つ本来の機能を取戻す事で効果を得る事ができます。