変形性関節症の原因

サプリ

女性は特に注意

加齢とともにあらわれる身体の症状の1つに膝や肘、腰などの関節の痛みがあります。なぜ加齢とともに膝や肘、腰などに関節の痛みがあらわれるのかというと、長年の負担が蓄積され軟骨がすり減り、骨が変形してしまうことによって関節が伸ばしにくくなったり痛みが発生します。これは変形性関節症と言われ、冷え性や肥満、O脚の人がなりやすい傾向にあります。そして男性よりも女性に多く見られるのが特徴です。変形性関節症について詳しく知ることが大切です。まず変形性膝関節症の原因は先程も述べたように軟骨がすり減り、骨が変形してしまうことでおこります。したがって、すり減る軟骨を補うことで改善が出来るということになります。

変形性関節症の改善方法

それではどのようにして軟骨を補えばいいのか把握しておきましょう。まず1つ目に整形外科で関節にヒアルロン酸注射を注入するという方法があります。この方法は即効性があり非常に効果的ですが、一生効果が続くものではなく定期的に注射をしなければならないというリスクもあります。2つ目はインターネットのクチコミを中心に注目を集めているグルコサミンです。グルコサミンは、すり減った軟骨を再生し痛みを緩和するという効果が期待できる成分です。グルコサミンはカニやエビ、うなぎ、鶏の軟骨、フカヒレ、山芋、オクラなどの食品に含まれていますが、食品から摂取するとなると毎日沢山食べなければならないので、続けるのは非常に難しいのが現状です。しかし最近ではグルコサミンのサプリメントが数多く販売され手軽に購入できるようになっていますので、変形性関節症の改善はもちろん、予防にもオススメです。